彼女を作るためのノウハウ

顔に自信がない彼女いない歴=年齢の男は無料でOmiaiを試してみるべし

『全然マッチング出来なかったらどうしよう…』

『う~ん…でもやってみるか………!』

上記はOmiaiに登録する前の僕の心境です。笑

どうも。Himoteです。

一昔前に比べてネットで出会うことに対する認識は変わり、最近では恋活アプリを通して出会うことが主流になりつつあります。

僕もその流れに乗じてomiaiを使ってみようと思ったのですが、やはりそこは「ブサイク」というスペックを抱えている以上、一回は尻込みしちゃうんですよね…(-_-;)

しかし結論から申し上げると、なんと僕ごときが1週間でなんと48人の女性からいいねをもらう事ができました(/・ω・)/

そこで当ページでは僕と同じように、「omiaiを始めたいけど、俺ブサイクだからなぁ…」っと尻込みされている方に向けて「まずは無料で試してみませんか?」という内容をまとめてみました!

傷付いてしまう可能性はあるが…試してみる価値はある!

僕は初めの1週間は無料でOmiaiを使っていました。

その理由は「ブサイクな僕でも出会える可能性はあるのか?」っという事を確かめるためです。

Omiaiはpairsと並んでとても人気のある恋活アプリです。しかし、いくら人気と騒がれていても “出会えるアプリ” でなければ、使う意味はありませんよね?

そこで試用という意味で1週間無料会員になってみたというわけです。

では無料会員になって「具体的に何を試したのか?」という事ですが、下記一点のみです!

  • 僕の見た目のスペックで女性からいいねはもらえるのか?

もしここで女性からいいねが貰えれば、“僕のスペックはOmiaiに通用する”という事になりますので、「はれてomiaiは出会えるアプリとしての利用価値がある」と判断できます。

しかし、無料会員の時点でいいねさえ貰えなければ、“僕のスペックはOmiai内では通用しない” という事なので、有料化したところで出会える可能性は低いという事になるというわけです。

そうして思い切って無料会員として登録してみたところ…?

上記のように1週間で48人もの女性にいいねをもらうことが出来たというわけなんですね!

ただし、この方法は傷付いてしまう可能性もあります。

恋愛において見た目はやはり重要な要素ですし、恋活アプリではそれらが顕著に「いいね数」に現れます。

そのため見た目が悪ければいいねは貰えませんし、マッチングする事も出来ないわけです。

このように考えると、“見た目を否定されている” という現実を突きつけられるようで本当に嫌になってしまう可能性があるわけです…。

しかし、こればっかりはやってみなければわかりません!

  • 傷つきたくないなぁ…
  • 自分は見た目が悪いからなぁ…
  • やってもどうせダメだろうしなぁ…

かく言う僕もブサイクなので、上記のように考えてしまう気持ちはすごく分かります。

しかしやってみなければ現状は変わりませんし、もしかすると彼女作りの足掛かりになるかもしれません!

きちんとプロフィールを作り込めばいいねは貰える

先ほどからちょくちょく記載していますが、僕はブサイクです。

自分の顔を見てカッコいいなんて思ったことは一度もありません(;^ω^)

しかしそれでもある程度の成果を挙げられているのは、きちんとプロフィールを作り込んでいるからだと思っています。

特にプロフィール写真には力を入れており、「これなら不細工な僕でも勝負できるかもしれない」というものを掲載しました。

【恋活アプリ初心者向け】恋活アプリに載せるプロフィール写真についての話顔に自信がない恋愛初心者の男性に向けて、恋活アプリに掲載するべきプロフィール写真の撮り方などについてをまとめています。...

また、自己紹介文でも “ターゲットの女性” に響くように書きました!

【恋活アプリ初心者向け】一途なモテない男の自己紹介文の書き方FB恋活アプリでプロフィール写真の次に重要な自己紹介文の書き方についてをまとめています。...

重要なのは “これらにどれだけ時間を掛けられるか?” だと思います。

まとめ

『顔に自信がない男性はOmiaiを試すべき!』という事についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

まとめると…

  • マッチングしない可能性もあるが、試してみる価値はある!
  • プロフィールをきちんと作り込めばマッチングする!

こんな感じです。

見た目のコンプレックスから『女性に話しかけられない…』という悩みを抱えている人でもきちんと準備をすれば可能性は十分にあります。

「ブサイクでもきちんとプロフィールを作り込めば十分に可能性はある!」ということが伝われば幸いです(^^♪

あなたも少しだけ勇気を出して、Omiaiを始めてみられてはいかがでしょうか?