婚活アプリ&恋活アプリのノウハウ

【恋活アプリ初心者向け】一途なモテない男の自己紹介文の書き方

自己紹介文はあなたをアピールできる大切な場所!

どうも。Himoteです!

恋活アプリにおいて写真の次に大事なのがこの自己紹介文。

基本的に女性は写真を見てその人に興味を持つと、次は『どんな人なんだろう?』っと自己紹介文に目を通します。

そして、ここで “あなたがどういう人なのか?” という事をきちんとアピールできなければ、せっかく興味を持ってもらったのにスルーされてしまいかねません。

その為、自己紹介文では興味を持ってもってくれた女性に『この男性とメールしてみたい!』っと思ってもらえるような内容にしなければなりません!

そこで当ページでは女性とマッチングするための自己紹介文の書き方についてをまとめてみました。

超絶イケメンであれば写真を掲載しているだけでOKなのですが、『俺は見た目に自信がない…』っという恋愛初心者の男性は是非参考にして頂ければと思います。

なお、写真については下記ページを参考にして見られてくださいね!

【恋活アプリ初心者向け】恋活アプリに載せるプロフィール写真についての話顔に自信がない恋愛初心者の男性に向けて、恋活アプリに掲載するべきプロフィール写真の撮り方などについてをまとめています。...

自己紹介文を作成

自己紹介文は決められた文字数制限内で “あなたがどういう人なのか?” という事をきちんと相手の女性に伝えなければなりません。

そこで効率よく自己PRするために “書くべき項目” についてをあらかじめ決めておきます。

  1. つかみ
  2. 仕事について
  3. 趣味(休日に行っている事)
  4. 恋愛観
  5. お礼

もちろん書こうと思えば色々な事を書けますが、決められた文字数制限内で端的に自己をPRするのであれば、上記の5項目についてをきちんと書けばそれでOKです。

実際に僕は上記の5項目についてしか書いてはいませんがいいねが貰えています。

それでは各項目のポイントなどについてを説明していきます。

①.つかみ

まず文頭の『掴み』の部分です。

この項目は、相手を “惹きつける事” が目的です。

基本的に女性はプロフィール写真を見てその男性に興味を持つと、自己紹介文の文頭を読み始めます。

しかし今まで何十人何百人もの男性の自己紹介文に目を通してきているので、文頭が普通過ぎると流し読みされたり、読まれなかったりする可能性があるのです。

そのため、ここで『おっ!』っと惹きつける必要があります。

例えば…

初めまして!

髪の毛の癖が強過ぎるので失敗してもあまり気付かれないという事もあり、自分で髪を切るのが得意な30歳です。笑

よく大泉洋に似ていると言われます。笑

こんな感じ。

一番のおススメは、見た目のコンプレックスを明るくネタにする事です。

もちろん、『太っている』『身長が低い』『髪が薄い』など、自分の気にしていることをネタにするのは勇気が必要ですが、それを推して笑いに変えられれば相手の心を “グッ” と掴むことが出来ます。

ただ、『コンプレックスなんてネタに出来ない…』という方は、面白エピソードを文頭にしてみてもいいと思います。

例えば…

最近会社の飲み会で飲まされ過ぎて、目が覚めると草むらの上で寝ていた30歳です。(笑)

はい。こんな感じ。

下ネタや嫌悪感を抱かせるようなものはもちろんNGですが、ちょっと笑ってもらえそうなエピソードであればそれでOK!

この “つかみ” で相手を惹きつけられれば、以下自己紹介文をきちんと読み進めてもらえるようになります。

また、一応文頭なので『初めまして!』っといったような簡単な挨拶は入れるようにしましょうね。

②.仕事について

基本的に恋活アプリを利用している女性は、男性と接触することに少なからず抵抗を持っています。

そこで『仕事は○○をしている!』っといったように、普段から行っている事についての情報を開示して少しでも不安を解消してあげましょう。

例えば…

普段は銀行員として法人や個人を問わず、飛込みの営業でバリバリと働いております!

正直シンドイ時もありますが、『Himoteさんのお陰で助かったよ!』っとお客さんに言ってもらえた瞬間だけは『仕事やっててよかったぁ…!』っと思う事ができます。(笑)

ポイントは “どんな職業” で “何をやっているのか” っということを明記することですが、仕事をやってて『キツかった…・嬉しかった!』っと思える瞬間などを書いてあげると、人間性も一緒に伝える事が出来るのでおススメです。

ただネガティブ過ぎる内容やヒドイ愚痴は、相手にマイナスの印象を与えてしまうので上記のように『正直シンドイ…』くらいに留めておくのが無難ですね。

③.趣味(休日に行っている事)

趣味を記載する目的も、上記の『仕事について』と同様で情報を開示することで相手の警戒心を解くことにあります。

基本的にはあなたの趣味や休日に行っている事を挙げていけばOKです。

例えば…

休日はゴルフやボルダリングをしたりとアウトドアな一面もありますが、家で本を読んだり、TVゲームをしたり、映画を見たりとインドアな一面も併せ持っています。

ただ、最近は暖かくなってきたので音楽を聞きながらのウォーキングやジョギングにハマってます(^^)

インドアの人なら漫画を読んだり、映画やYouTubeを見たりとかで全然OKです。

ただそれだけだと『引きこもりがち?』っと思われてしまいかねないので、2回くらいしかやった事がなかったり、始めたばかりの事でも良いのでアウトドアなものも何か一つ記載しておきましょう。

物は言いようなので、例えば最近外に出て散歩をしたのなら『ウォーキング』、車の運転をよくするのなら『ドライブ』と銘打って大丈夫です。

『家でゴロゴロもしているけれど、外にも出ていますよ!』っという事をアピールできればそれでOKです。

④.恋愛観

自己紹介文の肝はここです。

例えばFacebook連動型の恋活アプリとして有名なOmiaiやpairsは“真面目に出会いを求める男女”向けに提供されているアプリです。

その為、多くの女性は真面目に出会いを求めていますが、中には“とりあえず彼氏が欲しい”“なんとなく登録してみた”“男友達がほしい”っという女性も少なからずいる。

あなたがターゲットとすべきはそのような女性ではなく、“遊びではなく本気で真剣に出会いを求めている真面目な女性”です。

不特定多数の女性に向けたごくごく一般的な恋愛観ではなく、このような女性の心を揺り動かすものでなければなりません。

ただし、『結婚相手を探しています!』とか『たった一人の女性と巡り合いたいです!』などと書いてしまうとさすがに重すぎるので、『真面目に恋活してます!』くらいのニュアンスで留めておくのが無難。

例えば…

恋愛に関しては『ちょっと堅い…』っと思われるもしれませんが…『真面目なお付き合いをしたい』と考えているので、僕と同じような価値観の方と巡り合えたらと思っています(*^-^*)

まずはメッセージのやり取りを通してお互いの事を知り合えたら嬉しいです!

こんな感じです。

⑤.お礼

最後は自己紹介文を読んでくれた事へのお礼を述べて締めくくります。

拙い自己紹介ですが最後まで読んで頂きありがとうございました。

少しでも興味を持って頂けると嬉しいです!

どうぞ宜しくお願いします(o^^o)

まとめ

恋活アプリにおける自己紹介文の書き方についてをまとめてきましたがいかがだったでしょうか?

まとめると…

  • “つかみ”で相手の興味を惹きつける。
  • “仕事について”や“趣味(休日に行っている事)”で相手の警戒心を解く。
  • “恋愛観”でターゲットの女性にアピールする。
  • “お礼”で締めくくる。

こんな感じ。

各々の項目を繋げると…

初めまして!

髪の毛の癖が強過ぎるので失敗してもあまり気付かれないという事もあり、自分で髪を切るのが得意な30歳です。笑

よく大泉洋に似ていると言われます。笑

普段は銀行員として法人や個人を問わず、飛込みの営業でバリバリと働いております!

正直シンドイ時もありますが、『Himoteさんのお陰で助かったよ!』っとお客さんに言ってもらえた瞬間だけは、『仕事やっててよかったぁ…!』っと少しだけ思う事ができます。笑

休日はゴルフやボルダリングをしたりとアウトドアな一面もありますが、家で本を読んだり、TVゲームをしたり、映画を見たりとインドアな一面も併せ持っています。

ただ、最近は暖かくなってきたので音楽を聞きながらのウォーキングやジョギングにハマってます(^^)

恋愛に関しては『ちょっと堅い…』っと思われるもしれませんが…『真面目なお付き合いをしたい』と考えているので、僕と同じような価値観の方と巡り合えたらと思っています(*^-^*)

まずはメッセージのやり取りを通してお互いの事を知り合えたら嬉しいです!

拙い自己紹介ですが最後まで読んで頂きありがとうございました。

少しでも興味を持って頂けると嬉しいです!どうぞ宜しくお願いします(o^^o)

いい感じの自己紹介文になりました。

また一度作ったから完成というのではなく、何度も練り直してオリジナルの自己紹介文を完成させましょう!

【人気記事】30代の僕(男)が実際に使っておすすめするマッチングアプリ3選!