婚活アプリ&恋活アプリのノウハウ

【恋活アプリ初心者向け】恋活アプリに載せるプロフィール写真についての話

『写真を制する者は恋活アプリを制する!!』

どうも。Himoteです。

恋活アプリにおいて、写真は本当にめちゃくちゃ重要です!

恋活アプリにおいてマッチングするか否かの判断を下す最初の判断材料こそが “写真”だからです。

そのため…

  • 外見で全てを判断されたくない!
  • 実際に会えば僕の良さを分かってもらえるはず!
  • 中身で判断してくれる人と付き合いたい!

はい…。

正直に申し上げますが…上記のような考え方では彼女どころかマッチングすら出来ません…。

確かに人は見た目ではありませんが “最初は見た目が9割” であり、恋活アプリでも一目写真を見て『この人は無理』っと判断されればそこで終了なのです…。

そうならない為にも、恋活アプリにおいてきちんとした写真を掲載することは必須の条件なのです(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

………

……

…っとここまで耳の痛くなる話をしてきましたが、かく言う僕もブサイクです。笑

「自分の顔面を晒したくない…」というお気持ちはよく分かりますm(__)m

そこで当ページでは、彼女いない歴=年齢の方に向けて不細工でも女性に好まれる写真を準備するためのコツについてのお話をさせていただきたいと思います。

当記事はこのような(不安や疑問を持たれている)方におススメ!
  • 僕と同じく『ブサイクだから写真は自信がないなぁ…』とお悩みの方
  • 『そもそもどんな写真を準備すればいいんだ…』とお悩みの方

僕が恋活アプリに掲載していたプロフィール写真

まずは僕がOmiaiという恋活アプリに掲載していたプロフィール写真をご覧ください。(今は変更しています。)

はい。こんな感じ。

そして上記写真を2週間ほど掲載した結果が次の通り。

自慢したいのではなく『上記のような写真を掲載すればいいねが貰いやすい』ということをご理解いただければと思い掲載しているのですが、一応人気会員にもランキング入りすることが出来ました。

勿論、この結果は写真だけでなく、プロフィール全体の印象(身長や体系などの詳細なプロフィールや自己紹介文など)によるところもあるとは思います。

しかしそこには “見た目的な要素” も含まれており、それが重要なのだという事は間違いないと思います。

女性に好感を持ってもらえるプロフィール写真を撮るための3つのコツ

さて、ここからは女性に好感のある写真を撮るコツについてを解説していきたい思います。

『お前が掲載していたナルシスト写真を載せればいいんだな?』っと言わずに読み進めてもらえると嬉しいです。笑

コツは3つ!

  • コツ1.撮る前に必ず準備を!
  • コツ2.遠巻きの写真を!
  • コツ3.決め顔ではなく自然な顔で!

以下一つ一つ解説してまいります。

コツ1.撮る前に必ず準備を!

まず写真を撮る前にきちんと準備をしましょう。

準備と言っても大袈裟なものではなく、パッと見オシャレな雰囲気イケメンになれば良いだけです。

顔がブサイクだろうが身長が低かろうが太っていようが、キチンと身なりを整えれば見た目は何の問題もありません。

裏を返せば、ここを怠ってしまうと絶対に相手に好感を持ってもらえるような写真にはなりません。

  • 洋服を買いに行くのは億劫だし、お金が勿体ない…
  • 美容室に行ってまで髪形を整えないといけないなんて面倒…

もしあなたが超絶イケメンであれば、これでもOKです。

しかし見た目に何かしらコンプレックスを持っているのであれば、オシャレな洋服や髪形で誤魔化す必要があります…m(__)m

冒頭でも述べましたが “最初は見た目が9割” です。

ただ見た目の良さとは “顔だけの良さ” を指すのではなく、髪形・服装・身長・体格などを総合した良さの事を指します。

そして、その中核を担うのが“髪形”と“服装”であり、この二つをきちんと整えれば女性に好まれる雰囲気イケメンになれるというわけです。

いつもの髪形にいつもの服装で撮った写真と、美容室で整えた髪形に洋服屋の店員さんに選んでもらった服装で撮った写真を比べるとその差は歴然です。

以下リンク先に髪型や服装を整える方法についてを詳しくまとめた記事をご用意しておりますので、宜しければ参考にされてみてください。

彼女いない歴=年齢の男が雰囲気イケメンになる方法!彼女いない歴=年齢の男性に向けて、雰囲気イケメンになる3つの方法をまとめています。...

コツ2.遠巻きの写真を!

僕の掲載していた写真を見て頂くと分かると思いますが、『顔に自信がない…』っという人は遠巻きの写真を準備するようにするようにしましょう。

その理由は、雰囲気イケメンの効力を最大限に発揮するためです。

繰返すようですが、雰囲気イケメンとは顔だけが良い人の事を指すのではなく、髪形や服装などの見た目をトータルして、ある一定の水準を超えた人の事を指します。

要するに顔のアップでは “顔” だけでしか勝負できませんが、遠巻きであれば髪形や服装、体格といったそれぞれのパーツのトータルで勝負できるというわけです。

また、仮にブサイクだったとしても遠巻きであればある程度分からなくなるというメリットもあります。

まさに一石二鳥。

ただし、あまりにも遠巻き過ぎると顔が認識できなくなってしまうので、僕のプロフィール写真のように上半身が画面いっぱいに写るくらいを目安にするのがベストです。

コツ3.決め顔ではなく自然な顔で!

プロフィール写真で決め顔はNGです。

例えば…

はい…

良い例は自然に微笑んでいるのに対し、悪い例は “決め過ぎ” なんです。

自宅で自撮り写真を撮っていると、『カッコいい写真を撮ってやろう!』っと意気込んだりして、上記のような “決め過ぎた写真” になってしまいがちです。

しかし、このような写真は『自分に酔っててなんだかナルシストっぽい…』っと女性ウケがあまり良くないんですね。

だからと言って、ニコ~っとした満面の笑顔を作るのも不自然です。

他サイトでは絶対に笑顔がおススメっと言われたりしていますが…自撮りの場合、面白くもないのに笑うのは難しいので、どうしても不自然な作り笑顔になってしまいます。

自撮りをする場合は、ナルシストっぽい決め顔や不自然な笑顔ではなく “自然な顔で撮れているかどうか?”っというところに着目して撮るようにしましょう。

ベストは外出中に誰かに写真を撮ってもらう事です。

『ハイ、チーズ』っと声を掛けれられれば、不自然な笑顔にも決め顔にもなりませんからね。

どうしても『写真を準備するのが面倒だ…』っという人は?

恋活アプリのプロフィール写真は上記3つのコツを盛り込んだ写真であれば完璧です。

しかし、『そこまではさすがに準備できない…』っという人はイベント時に撮った写真でも取り敢えずはOKです。

例えば結婚式などに参加する場合であればスーツなどきちんとした服装にもなりますし、写真もたくさん撮られるのでベストショットが手に入るかもしれません。

ただし、飽く迄もこれは“間に合わせ”です。

イベント事の“ついでに撮った写真”と恋活用のために“きちんと準備した写真”とでは明らかに差が生じてしまうのは言うまでもありません。

まとめ

プロフィール写真についてをまとめてきましたがいかがだったでしょうか?

確かに準備をするのは大変ですが、それだけの手間をかける価値が写真には十分にあります。

恋活では“たかが写真”ではなく“写真こそが全て”っと言っても過言ではありません。

1枚の写真でも相手の反応が大きく変わります。

『面倒だ…』っとか『お金を掛けたくない…』なんて思わずに最高のプロフィール写真を準備しましょう!