婚活アプリ&恋活アプリ体験談

【30歳ブサ男のペアーズ体験談ep1】ペアーズを無料で使ってみた

どーも!Himoteです。

皆さんはpairs(ペアーズ)という恋活アプリをご存知でしょうか?

pairsはFacebookなどでも大々的に宣伝されており、2012年ごろに誕生して今では累計会員数500万人を突破した超大型の恋活アプリです。

実際にpairsを通して『彼女が出来た!』というおめでたい口コミも多数寄せられているようですね。

そこで今年で30歳のブサイクな僕が、“本当に彼女ができるのか?”という事を確かめるべく、今回から記録として残していきたいと思います。

当記事はこのような(不安や疑問を持たれている)方におススメ!
  • 『pairsを使ってみようかな?』と思われている方
  • 僕と同様に不細工という自覚はあるも彼女が欲しいという方

最初は無料で試してみた

Omiaiでもそうですが、pairsでも有料化しなければ女性とメッセージ交換をする事が出来ません。

メッセージのやり取りが出来なければコミュニ―ションを取る手段がないので、本格的にpairsで出会いを求めるのであれば必然的に有料化する必要があります。

しかし出会う以前に、女性とマッチングすら出来なければメッセージ交換をする相手がいないので有料化する意味すらありません。

超絶イケメンであればまず間違えなくマッチングできるのでいきなり有料化しても良いのかもしれませんが、僕のようなブサイクはまず『女性とマッチングできるかどうか?』っという事試してからでなければ有料化してもお金の無駄になりかねませんからね…。

その為、僕はまず無料登録をして『女性とマッチングできるかどうか?』っという事を試したというわけです。

無料期間中はプロフィール写真を掲載しなかったけれど…?

これはpairsに限ったことではありませんが、恋活アプリ等で女性とマッチングできるかどうかは全て、プロフィールの中身で決まります。

なぜなら、ネット上ではこのプロフィールの中身こそがこそが “スペック” であり、これこそがマッチングアプリ内の女性に通用するかどうかを決める重要な要素になるからです。

そしてプロフィールは、大きく分けると3つに分けられます。

  • 身長、体型、血液型などの基本的な項目を入力する『詳細プロフィール』
  • 自分の事を500文字以内でアピールする『自己紹介文』
  • そして見た目を司る『プロフィール写真』

ただ…

自分の事を『格好良くない…』っと自覚している人ならお分かりだとは思いますが、プロフィール写真はあまり掲載したいものではありませんよね…?

当然僕もそうでした…(*´Д`)

その為、無料期間中はプロフィール写真を掲載しなかったんですね。

しかし、それでもなんと…

1週間でまさかの6人もの女性に「いいね!」をもらう事が出来たんですね!

つまり、ブサイクでも詳細プロフィールを埋めてきちんと自己紹介文を書きさえすれば、いいねをもらう事が出来るというわけです。

マッチングした女性とメッセージ交換をするために有料化!

先述しましたがpairsでは有料化しなければメッセージ交換をする事が出来ません。

正確には、最初の1通目は送れるのですがそれ以降相手からメールをもらっても開封する事ができないという状態になります。

こんな感じ

ここでメッセージを開封するをタップすると『メッセージの開封・返信には有料会員登録が必要です』っと表示され、有料化しなければ次に進むことが出来ないというわけです。

『よくできたシステムだなぁ…(-_-;)』っと感心しつつも、クレジットカードを切りました。

まだまだ本当に出会えるアプリかどうかはわかりませんが、今後は僕にいいねをくれた女性とメッセージ交換を通して仲良くなっていければと思っています。

30歳のブサ男がペアーズを2週間使ってみて思ったことブサ男な30歳の僕が恋活アプリペアーズ(pairs)を2週間使ってみた結果についてをまとめています。...